北海道新聞社の社員が、さまざまなテーマで社会人向けに「出前講座」を行います。講座のテーマについては下記をご覧ください。

■実施できる日
月~金曜日(祝日および年末年始は除く)

■講座時間
45分~90分程度

■講師の派遣先
道内の教育機関や組織内研修の場に限ります。一般公募型の講演など、不特定多数が参加する場は対象外です。

■講師派遣料
1回1万円(税込)。ただし講師の勤務地から会場が遠い場合には別途、交通費・宿泊費の負担をお願いします。

■申し込みについて
ページ下の「お申し込みフォーム」から必要事項を入力のうえ、送信してください。受け付け後、担当者から連絡いたします。※実施日の2ヵ月前を目途にお申し込みください。

得意分野・テーマ一覧
  • 新聞社の仕事
  • 新聞活用術
  • 政経・社会
  • スポーツ
  • 文化・趣味
  • 写真
  • くらし
  • メディアの人材育成~若手にどう向き合うか

    石井群也

    記者育成本部長。前論説副主幹として社説や卓上四季も執筆。元ウィーン駐在

  • ことばの森へようこそ

    松浦章子

    編集センター用語委員。校閲から見る言葉・漢字・アイヌ語。漢検対策も

  • 教えて!印刷の秘密

    高野利宏

    制作局担当部長。カラー印刷の仕組みや工場の設備などを紹介

  • システム構築の仕事

    前林学

    制作局部次長。メーカーSE、社内SEとしてシステム開発を経験

  • 新聞投稿欄の楽しみ方

    紅谷洋

    編集委員。2015年から「読者の声」を担当

  • イベントで地域をアツくする!

    寺町誠志

    企画室スポーツ戦略本部委員。北海道マラソンに長年従事。手掛けたイベント多数

  • 楽あり苦あり支局勤務

    福元久幸

    みらい教育推進室部長。伊達支局長、富良野支局長の経験を踏まえ、支局の奮闘ぶりを紹介

  • 道新の読み方・使い方

    佐藤祐貴

    販売局部次長。道内企業の新入社員向け読み方講座を経験

  • 役立つ道新デジタル

    香林大介

    デジタル推進室部次長。北海道新聞デジタルの機能や特徴をお伝えします

  • 就活に生かす新聞

    小松由実

    みらい教育推進室部次長。新聞を簡単に読める方法を知り、社会への視野を広げよう

  • 体験!まわしよみ新聞

    小林豊

    みらい教育推進室専任職。まわしよみ新聞でみんな笑顔になろう

  • 新聞活用で地域おこし

    斉川誠太郎

    みらい教育推進室長。新聞の情報力・発信力を縦横に駆使して地域を活性化

  • 国内・道内政治の行方

    蛭川隆介

    論説主幹。首相官邸や道庁などで国政・道政を取材。帯広、新ひだか、室蘭、釧路にも勤務

  • 皇室取材の現場

    伴野昭人

    文化部長。元宮内庁担当。平成の天皇の海外慰霊など同行取材

  • 北海道観光の可能性

    鈴木徹

    特別編集委員。元北京特派員。政治・経済分野を中心に長く取材。道内鉄道問題にも関心がある

  • 北海道の1次産業の課題

    徳永 仁

    経済部記者。1次産業担当。飼料高騰や後継者不足に直面する北海道農業の現状を解説

  • スポーツにドラマあり

    佐藤裕則

    札幌支社長兼企画室スポーツ戦略本部委員。2002~07年に日ハム担当。アトランタ五輪も取材

  • スポーツ取材の現場から

    斉藤直史

    運動部記者。スポーツ取材の現場をわかりやすく解説

  • パラスポーツを知ろう

    永瀬 充

    北海道新聞パラスポーツアドバイザー。東京パラリンピックをはじめ、様々なパラスポーツを取材

  • eスポーツは共生社会の窓に

    本間欽也

    企画室スポーツ戦略本部専任職・北海道eスポーツ協会専務理事。誰でも楽しめるeスポーツについて説明します

  • 北のバレエ物語

    赤木国香

    文化部デジタル委員。バレエを中心に舞台分野を長く担当

  • アイヌ民族の取材から

    中村康利

    くらし報道部次長。本紙連載「ウコチャランケ」を担当

  • アニメ、切り口多様に

    渡部淳

    1991年入社。2021年から文化部編集委員

  • 本の魅力、著者の言葉

    大原智也

    文化部次長。東京支社で芥川・直木賞、読書欄を取材

  • 報道写真の現場、ポーズ写真の撮り方

    西村昌晃

    写真映像部長。取材の舞台裏を語る。トラピスチヌ修道院を取材

  • 写真の魅力を語る

    植村佳弘

    日曜版の写真を担当。歴史や文化などをテーマに道内外を取材

  • 天体写真と風景写真の世界

    北波智史

    写真映像部記者・部次長職。天文現象や四季の風景を写真で報道する。2024年写真集を自費出版

  • がん対策・臓器提供

    岩本進

    報道センター専任職。「生命と医療」を中心テーマに取材

  • 公的年金のいろは

    稲塚寛子

    くらし報道部記者・委員職。公的年金を中心に制度について解説。制度の変遷、現状・課題についてわかりやすく紹介

お申し込み

 道新出前講座の問い合わせは事務局(電)011・210・5802(土・日、祝日を除く午前9時30分~午後5時30分)へ。問い合わせは支社などでも受け付けます。